「うちのきなこちゃん」移転中…

北栃木愛犬救命訓練所を卒業して約3年半。きなこと茶々の現在の姿を知りたくないかい?

とてつもなく久しぶりにブログを更新しました。
きなこと茶々も、飼い主も、その他家族たちもみんな変わらず元気です。

久しぶりに何を書こうとしているかというと、何かと話題になる犬のしつけ、特にきなこと茶々がお世話になった北栃木愛犬救命訓練所について書こうと思います。

しつけや訓練について書くと言っても、私はただの一般の犬の飼い主なので、手法がどうのっていうのは書けません。

良くも悪くも話題になりやすい、北栃木愛犬救命訓練所に愛犬を預託訓練に出してみて、どうだったか。
卒業後約3年半経ったけど、現在の犬の様子はどうなのか。
色々なことを言われているこの訓練所と訓練士さんですが、自分の犬の今がこの訓練所が出した結果だと思っています。
そして、その結果に我が家は満足しています。

いくつかテーマを決めて、記事も分けて書こうと思うよ。
今のところ書こうとしているのはこんな感じ。

①預託訓練ビフォー・アフター
預託訓練前と、後で、何がどう変わったのか。
訓練士の言うことは聞くけど飼い主の言うことは聞かないんじゃないの?ってよく言われているけど実際どうなの?っていうところ。

②我が家のOKラインについての話
犬って、みんながみんな同じことを同じようにできるわけじゃない。人と同じ。
人懐っこい犬もいれば、人が苦手な犬もいる。30分以上待てができる犬もいれば、3分しか待てができない犬もいる。
犬を飼う上でできなければいけない必須事項はあるけども、ここでは、必須事項以外の、その家ごとのOKラインの話をしたい。
他人にとって普通のことを、自分の愛犬にも普通として当てはめなくたって良いんだよ っていう話。

③咬み犬を預託訓練に出して、体罰もありの訓練をするということについて
盛り上がりそうな話題でしょう(笑)すべてのキーワードを詰め込んでみました。
いつも炎上するのはこのキーワードの話題ですよね。
この話題について、咬む犬を北栃木愛犬救命訓練所に預託訓練をお願いして、訓練の中で必要であれば体罰もOKとした飼い主目線の意見など書いてみようかと思います。

とりあえずこの3つは書こうと思う。
いつ書ききるのかはまったく決めていませんが、卒業して約3年半経つまでの間にいろんな話題が出て、いろんな出来事があって、いろんなことを考えたので、全部書こうと思った。
これを読んだ人全員が理解するとは思っていないし、納得するとも思っていない。
気分悪くする人もいるだろうし、私はどっかで叩かれるかもしれない(笑)
でも、良いのです。
伝えたいことを伝えるだけなのです。
響く人に響けばそれで良いのです。

というわけで、まずは、①預託訓練ビフォー・アフター
これから書き始めるぞ(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です